始業式前のお仕事

📕4月最初にオススメの座席って?【座席の種類、まとめました】

\始業式前のお仕事編②はこちら/

始業式前のお仕事②教室環境を整えよう
📕教室環境を整えるためにしたこと【机と椅子の教室内移動と名前・番号シール】教室内の机の移動、これは全員必ず行いましょう! 始業式当日、子どもの身長に合わせてある程度机と椅子を決めるという作業を行います。そのとき、子どもに適当に机や椅子を与えると、「先生、この机少し高いです、調節してください」と言われる人数が多くなってしまうからです。どのように移動させたらいいのかというと、教室内で椅子を前側(黒板側)が低く、後ろ側が高くなるように並べ替えます。...

座席について

座席の種類を選ぶ上で大切なこと📕

学生の頃たくさんの座席を見て、「やってみたい」と思った人、いませんか?私もそのうちの1人です(^-^)どうして「やってみたい」と思ったのかって、普通の座席(講義型A)と比べて、子どもが生き生きと、楽しそうにしていたからです。

普通の座席(講義型A)

 

で、私は教員になって、4月最初から“ちょっと変わった”座席に取り組もうとしていました。でも、ベテラン教員からマンガのように注意を受けました。

4月最初は、学習規律の定着のための時期です。
この学習規律の定着のために一番向いているのは、講義型Aです。

どうしてかというと、一番外部からの刺激が少なく、子どもは集中しやすい座席だからです。教員側にとっても、個人が何をしているのかも見えやすく、指導しやすい座席となっています。

ベテラン教員
ベテラン教員
そんな講義型の座席でお喋りしてしまう子が、“ちょっと変わった”座席で落ち着いて授業を受けられるかな?って考えると、わかりやすいわね

座席の種類

しょにん
しょにん
なるほど。4月最初は講義型がいいのか。それはわかったけど、学習規律が定着したら他の座席に挑戦したいなぁ。どんな座席があるのか、教えてください!
こちゃ
こちゃ
こんな座席があるよ!!

①講義型A

よく見られるシンプルな座席です。
全ての子どもが教員の方を向いているので、何をしているか把握しやすいです。

②講義型B

講義型Aと比べて、子ども一人ひとりが離れているので、授業に集中しやすいです。

私の赴任校に来た特別支援コーディネーターさんがオススメしていた座席の型は…

②の講義型Bでした!確かに、一人ひとり机が離れているので、ちょっかい出しにくいですよね。多動傾向がある子どもも、そうでない子どもも安心して授業に取り組むことができます。

③V字型

講義型と比べて、子どもが黒板を見やすいです。

④コの字型

講義型と比べて、話し合いがしやすいです。
一方で子ども同士の距離がとても近くなるので、お喋りに注意する必要があります。

⑤ディベート型

講義型と比べて、2手に分かれて討論するのに向いています。

席替えについて

初任者の場合、席替えは先生が決めるのがオススメ

4月の一番最初は、基本的に名前順の座席です(縦並びにするか、横並びにするかは自由でした)。

ですが、後々必ず席替えをすることになります。
この席替えでは、私は基本的に「先生が決める」方法を採用していました。

「えーつまんなーい、くじ引きの方がいいー」なんて子どももいるかもしれません。
でも、初任者の技術のない私にとって、「先生が決める」方が、とても都合が良かったんです。

だって、「この子はこの席は向いていないな」って子がいたり…「この子とこの子は一緒にすると授業に集中するのが難しいな」って子どものペアがいたり…「この子と席を離してください」というお願いが保護者から受けたこともあります。

自分にとっても子どもにとってもよりよい“環境”を作ることができるのであれば、力量が足りないうちは「先生が決める」方法でもいいかなと思ったんです。

こちゃ
こちゃ
ちなみに、ベテラン教員でも『先生が決める』方法を採用している人もいたよ!

私が見たベテラン教員

その年度の子どもの様子で席替えの方法を変える人がいました。
「今年度の子どもは相手に酷いことを言う子が少ないから、くじ引きでも大丈夫」といったように。

誰をどこに配置したらいい?

しょにん
しょにん
先生が決めていいのはわかったけど、誰をどこに配置したらいいのかって、何かコツはあるの?
こちゃ
こちゃ
それ!最初は手探りでやってたんだけど、途中で特別支援コーディネーターさんが学校へ来て、いろいろ教えてもらったんだ!参考になるかと思うから、説明するね!

①周りに話しかけてしまう子どもは?

②視力が低い、勉強が苦手、視覚過敏な子どもは?

③周りを見てから動く子どもは?

④身長が低い子どもは?

⑤聴覚過敏の子どもは?

しょにん
しょにん
考えることって、たくさんあるんだね…!

 

参考文献

  • EDUPEDIA,『ユニバーサルデザインを意識した座席の決め方』,https://edupedia.jp/article/59905645d5d12c00000f22f0
  • 発達障害ブログ降り止まない雨はない,『たかが席替え、されど席替え,https://ameblo.jp/minto-iero/entry-12405188055.html
  • 『美馬牛小学校のユニバーサルデザイン 美馬牛小学校のユニバーサルデザイン ユニバーサルデザイン(H30 構想)』,http://town.biei.hokkaido.jp/files/00002200/00002249/universaldesign.pdf