始業式当日のお仕事

📕学級開きで子どもへ何を話せば良い?

\始業式当日のお仕事①はこちら/

始業式当日のお仕事①全校児童前での挨拶ネタ
📕いよいよ始業式!全校児童の前での挨拶ネタ 絶対に知っていてほしい、4月の大切さ📕 さて、始業式当日編に入りますが、 内容をお話する前に、絶対にお話...

絶対に知っていてほしい、4月の子どもの様子📕

初任者教員こちゃ、4月初期の落とし穴にはまる

「思っていたより、落ち着いた学級みたい。よかった」
自分の受け持つ学級の子ども達を前にして、こう思う初任者の先生がいるかと思います。

静かに先生を見て話を聞く姿。
自分から率先して良い行動をとろうとする姿。

こういう姿を見るかと思います。
でもね。これ、この時期だけです。
というより、これを保つには技術が必要なんです。

これが初任者教員にとっての最初の落とし穴かもしれません。
私は見事にはまりました。

ここで言う厳しさとは、

  • 縦糸
  • 学習規律

に関係します。

縦糸と学習規律については、それぞれ別の記事にまとめているので、よかったら読んでみてください(^-^)

学級開きですることはこれだけある

始業式当日は午前で学校が終わりましたが、最大でこれだけすることがあります↓↓↓

  • 先生から子どもへ(自己紹介、学級への想い、絶対に許さないこと)
  • 教科書を配る
  • 子どもの机決め
  • 一学期のめあて記入
こちゃ
こちゃ
今日はこのうち、『先生から子どもへ』の内容についてお話するよ!

子どもの前で話すときに注意すること

学級開きで、はじめて、自分の受け持つ学級の子どもたちの前でお話をしますね。

このとき、
全員が
姿勢良く(手は机の上に置かないよう指導すると良い)
担任を静かに見てから
話をはじめる
ことを意識するようにします。

しょにん
しょにん
途中で誰かがお話したりしたら、どうするの?

そのときは、話の途中でもストップして、
全員が担任を静かに見てから話をはじめるようにします。

誰かが話を聞いていないのに話を進めると…

「あ、この先生は話を聞いていなくても怒らないんだ」と思われるきっかけとなってしまいます。

こちゃ
こちゃ
対大人と話すとき、例えば懇談会なんかでは意識しないことだよね。私は最初、その感覚で話をしていました。だけど、これが大きな間違いだったと思っているよ

学級開きで先生から子どもへ話すこと

『先生から子どもへ』話す内容は、

  1. 自己紹介
  2. 学級への想いを語る
  3. 絶対に許さないことを伝える

の3つです。

N字もしくはW字をイメージして、子ども達を見よう!

N字に見る手前にいる四角いのはこちゃです

学級開きで、私は「1人1人を見たい」と思いました。
けれど、受け持った学級の児童数は30人以上…

“本当に”全員を見ることは難しい…。
そんなとき、オススメしたい方法です(^^)

この技法は、こちらの本に載っていたものです↓↓↓

(西野宏明,『新任3年目までに必ず身につけたい!子どもがパッと集中する授業のワザ74』(pp12-13),明治図書,2015年)

①誰でもできる、楽しい自己紹介📕

やっぱり、子ども達に好かれることは大事です。
好きな人の話は聞きたくなるし、嫌いな人の話は聞きたくないですよね。
ですので、子ども達に「なんか楽しそうな先生だな」と思ってもらえることは、学級経営の第一歩なのかなとおも思います(^^)
ただ、無理はしすぎず…期待されすぎると、かえってきつくなりますよ。

だけど、私、面白おかしくお話するのって、ちょっと苦手だったんです。
そんな私が「これだ!!!」と思ったあいさつの仕方が、
名前であいうえお作文をつくるという方法です。

自己紹介の後は、黒板に書いた名前を消して、クイズ形式にして聞くと面白いです。この自己紹介の仕方は子どもの印象に残ったようで、他の学級の子どもから

子ども
子ども
ねぇ、先生の本当の名前ってさ、こころ優しく・チャームポイントはまつげなんでしょ!

と声をかけられました(笑)

この自己紹介は、こちらの本を参考にしたものです↓↓↓

(赤坂真二,『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり4年』,明治図書,2016年)

②学級への想いを伝えよう

私は、学級目標をイメージしてから学級への想いを伝えました。

学級目標は、「ぽかぽか」「すてき!」「きらきら」等なんとなくのイメージにする先生もいれば、「にこにこえがおで成長するクラス」等はっきりした言葉にする先生もいます。

今回紹介するのは、なんとなくのイメージにする場合(前者)の考え方になります。

私は学級目標は、このようにして作りました↓↓↓

  1. まず、子どもにどんな学級になってほしいか、なんとなくのイメージを考える
    例:「ぽかぽか」「すてき!」「きらきら」等
    →これが、学級目標になる
  2. その中から、具体的な姿を考える
    例:「ぽかぽか」…1人1人が、「学校へ来ることが楽しい!」と思える
    →これが、子どもに話す内容になる

「ぽかぽか」を学級目標にしたい場合…

こちゃ
こちゃ
ぽかぽか」っていいな…私はこれがいいと思った理由は何だろう…1人1人が大切にされるクラスがいいなって思ったからかな
こちゃ
こちゃ
1人1人が大切にされていることの大事さってどうやったら子どもに伝わるかな

先生は、みなさんに1人1人が、「学校へ来ることが楽しい!」と思えるクラスになってほしいと思います。
つまり、温泉に入ったときに感じるような、ぽかぽか〜あったか〜なクラスになってほしいと考えています。

「学校なんて嫌だ!」と思いたい人、いますか?
…いないよね。
30人いて、1人もいないんです。それだけ、強い願いなんです。

でもね、これがけっこう難しい。
30人いる中で、1人でも「嫌だな」と思う子がいたら、それはもうぽかぽか〜なクラスじゃ…ないよね。

1人1人が楽しいと思うクラスってどんな学級なんだろう?
友達が困っているとき、どうしたらいいのかな。
友達が失敗したとき、どうしたらいいのかな。
これを全員が考えていかないと、達成できない目標です。

大変だよね。だけど、さっきも確認した通り、全員の願いでもあるんです。
これを、みなさん1人1人に1年間目指してもらいます。

あまり長く話すと、子どもが退屈してしまいます。
途中で質問を混ぜて考えさせる場面を設けたりすると、集中が続きやすいですよ。

③絶対に許さないことを2〜3つ、伝えよう📕

簡単に言うと、「先生がすごく怒るスイッチはここだよ」ということを伝えます。

  1. 友達の身体を傷つけたとき
  2. 友達の心を傷つけたとき
  3. 3回注意しても変わらなかったとき
    (3回注意しても変わらなかったときにワッと叱るということです)

ここら辺が、初任者の先生にはやりやすいのかなと思います。